HOME お葬式大辞典 アフターケア 4.遺品整理と形見分け
お葬式大辞典「アフターケア」

アフターケア

4.遺品整理と形見分け

故人の遺品には、さまざまな思い出があります。けれども、新生活への区切りをつけるためにも、遺品の整理や形見分けをおこなうことも大切です。必要な心得をご紹介いたします。

故人の勤務先・関係先などの遺品整理を忘れずに。

故人の勤務先での各種手続きを確認します。

自宅で不要になったものは、なるべく処分します。

大型ごみは、公営施設か専門業者へ。

住所録を残しておきましょう。

税務関係の記録は7年間保管します。

領収証は保管しておきます。

故人を偲び、この世との接点を残すことは供養のひとつです。

まだ使用できる品物は、形見分けします。

形見分けは、親しい人に限ります。

形見分けは包装をしません。

工夫をこらした形見分け。