HOME お葬式大辞典 アフターケア 8.故人の確定申告
お葬式大辞典「アフターケア」

アフターケア

8.故人の確定申告

故人の所得申告は、相続人がおこないます。医療費は、税金の控除を受けられます。手続きをお忘れなく。
故人のために、家族の方がしなければならない大切な法的手続きが、所得税の確定申告です。多額の医療費を支出された場合には、適切な申告により相続人の税金が控除されます。

相続人が、故人の確定申告をおこないます。

亡くなられた日から、4カ月以内に申告を済ませます。

税務署に持参するものは・・・。

10万円以上の医療費は控除が受けられます。

後からでも保険の支払いを請求できます。

高額な自己負担医療費は支給されます。

(※)このほか、船員保険(船員)、共済組合(公務員、私立学校教職員)にご加入の方も対象となります。


自己負担限度額は所得や年齢によって違います。
詳しくは、加入している医療保険の窓口またはお住まいの市区町村の介護保険の窓口にお問い合わせください。

故人の書類は保管しておきましょう。