HOME お葬式大辞典 アフターケア 11.葬儀後のチェックリスト
お葬式大辞典「アフターケア」

アフターケア

11.葬儀後のチェックリスト

葬儀後のマナーとチェック

  1. 葬儀後のあいさつ回り
    □ あいさつ先のリスト作成
    □ あいさつに行く日時の決定
    □ 持参するお菓子の用意
  2. あいさつ回り先リスト
    □ 葬儀委員長・弔辞奉読者・世話役
    □ 僧侶
    □ 駐車場や設備、備品等をお借りした方
    □ 葬儀を手伝っていただいた方
    □ 近所の方
    □ 病院、医療関係の方
    □ 故人の関係先
    □ 喪主・家族の勤務先
  3. お礼状を出す先
    □ 葬儀でお世話になった方
    □ 供花・供物、弔辞・弔電をいただいた方
    □ お悔やみ状をいただいた方
    □ あいさつ回りに行けない先
  4. 作成する通知状
    □ 葬儀を知らせなかった方への死亡通知
    □ 故人から商売を引き継いだ場合の得意先へのあいさつ状
    □ 忌明け法要のあいさつ状
    □ 忌明け法要招待者リスト作成
  5. 香典返し
    □ 葬儀後のお返し先のリスト作成
    □ お返し品の決定
  6. 年賀欠礼状
    □ 年賀欠礼の発送先のリスト作成
    □ 年賀欠礼の文面の作成

本位牌の準備のチェック

  1. 本位牌の用意
    忌明け法要までに用意します
    □ ご先祖の本位牌の形や大きさを参考にする
    □ 戒名(法名)、俗名、死亡年月日、享年の確認

忌明け法要(満中陰の御案内)のチェック

  1. 日時の決定と連絡
    □ 僧侶に依頼し日時を決定する
    □ 招待者を決定する(  名)
    □会場の予約
    □ 電話またはハガキで法要の案内をする
  2. 供養の準備
    □ 当日納骨を行う場合は、その旨僧侶に伝える
    □ お墓参りに行く場合は、花と線香を用意
    □ 略礼服の用意と衣装合わせ
    □ お布施の用意
  3. 会席(お斎)の用意
    □食事の人数の確認と発注
    □ 引物の手配(  名)
    □ 手提げ袋や風呂敷の用意

遺品整理と形見分けのチェック

  1. 遺品整理
    □ 故人の遺品の分別
    □ 処分方法の確認
  2. 形見分け
    □ 形見分けの品を決定
    □ 渡す日の決定(法要の日に実施)
    □ 包装用紙(奉書紙)の用意
  3. 仏壇・お墓のチェック
    仏壇の購入
    □ 仏壇の安置場所の確保とサイズの決定
    □ 仏間改造
    □ 仏壇の開眼式の日取りの決定と僧侶への依頼
  4. 墓の設置
    □ 資料の取り寄せ
    □ 管理費などの付帯費用、条件の確認
    □ 現地見学
    □ 墓石の依頼
    □ 刻字内容の決定
    □ 僧侶へ入魂式の依頼
    □ 入魂式の日時と参列者の決定

葬祭費・埋葬料受給の手続きのチェック

  1. 国民健康保険に加入の方が亡くなられた場合
    □ 市町村の役所の「国民健康保険課」に申請
    □ 故人の保険証、葬儀の領収書、印鑑を持参
    □ 葬祭費を受け取る
  2. 健康保険に加入の方が亡くなられた場合
    □ 勤務先、または所轄の社会保険事務所へ申請
    □ 保険証、死亡診断書、葬儀の領収書、印鑑を持参
    □ 埋葬料を受け取る
  3. 扶養家族(健康保険)の方が亡くなられた場合
    □ 勤務先、または所轄の社会保険事務所へ申請
    □ 保険証、死亡診断書、葬儀の領収書、印鑑を持参
    □ 埋葬料を受け取る

年金受給手続きのチェック

  1. 故人が厚生年金に加入していた場合
    □ 故人の勤務先が所轄する社会保険事務所で手続き
    □ 故人が退職していた場合、住所地の社会保険事務所で手続き
    □ 故人の厚生年金手帳、戸籍謄本、住民票(世帯全員)、死亡診断書、所得証明書、印鑑を用意
    □ 遺族厚生年金を受取る
  2. 故人が国民年金に加入していた場合
    □ 「遺族基礎年金」「寡婦年金」「死亡一時金」のいずれかを選択
    □ 請求人の住所地の加入者の市区役所、町村役場に請求
  3. 故人が公務員・教員などの共済年金に加入していた場合
    □ 故人の勤務先が所轄する社会保険事務所で手続き
    □ 故人が退職していた場合は、住所地の社会保険事務所で手続き
    □ 故人の厚生年金手帳または被保険者証、印鑑、戸籍謄本、住民票(世帯全員)、死亡診断書、所得証明書を用意
    □ 「遺族共済金」を受取る
  4. 故人が生命保険に加入していた場合
    □ 故人が加入していた保険を調べる
    □ 加入していた生命保険会社へ連絡
    □ 証券番号、被保険者氏名、死因、死亡月日を告げる
    □ 保険会社の「死亡保険金請求書」に必要事項を記入し、必要書類と共に提出する
  5. 必要書類
    □ (1)保険証券、(2)死亡診断書、(3)保険金受取人の印鑑と印鑑証明、(4)受取人の戸籍抄本、(5)被保険者の戸籍謄本を用意
    □ 入院給付金・手術給付金を請求(この場合の受取人は法定相続人全員となる)

故人の確定申告のチェック

  1. 故人の確定申告(準確定申告)
    □ 故人の確定申告をおこなう必要があるかの確認
    □ 自営業者で青色申告の場合
    □ 白色申告でも故人の所得が基準額を超えている場合
    □ 法定相続人が2人以上いる場合は、同一書類で一緒に申告するか、代表が行う
  2. 確定申告の方法
    □ 故人が死亡した年の1月1日から死亡日までの所得を申告
    □ 居住地もしくは事業所の所轄の税務署でおこなう
    □ 死亡日から4ヶ月以内に申告
  3. 持参するもの
    □ サラリーマンは源泉徴収票
    □ 自営業者は決算書、生命保険の領収書、印鑑
  4. 年間の医療費が10万円を超えた場合
    □ 故人の医療費の領収書を確認
    □ 故人および故人の扶養家族の医療費で、死亡日までに支払った分は、故人の確定申告から控除する
    □ 故人の死亡後に支払われた医療費は相続税の控除対象とする
  5. 控除の手続き
    □ 故人の源泉徴集票、相続人全員の認印、1年間の医療費の領収書
    □ 毎年2月16日から3月15日までに行う

遺産分割協議書チェック

  1. 故人に債務があった場合
    □ 故人の債務の有無を調べる
    債務を受け継がないために、死亡日から3ヶ月以内に家庭裁判所で手続きする
  2. 遺言書の開封
    □封印された遺言書は、家庭裁判所へ持参し、相続人立ち会いのもとで開封する
  3. 遺言書がなく相続人が2人以上いる場合
    □ 相続人全員で協議を行う
    □ 相続案を作成し、各人の承認(捺印)を得る
    □ 協議が調わない場合は、家庭裁判所に調停審判を申し立てる
  4. 相続人に未成年者が含まれる場合
    □ 協議による相続の場合、未成年者には特別代理人を立てる
    □ 代理人は裁判所で選任してもらう

名義書換えのチェック

  1. 故人が世帯主だった場合
    □世帯主変更届を変更日から14日以内に役所へ提出
    □電気・水道・ガス・NHKの引き落とし口座や電話加入権の名義変更
  2. 名義変更と手続き先のチェック
    □ 銀行貯金・郵便預金(死亡後の引き出しは相続手続きが必要)
    □ 株式・社債・国債(証券会社・信託銀行・発行元)
    □ 電話加入権・電気・ガス・水道・NHK等(各加入先)
    □ 貸付金・借入金の権利移転の通知手続き(貸付・借入先)
    □ 賃貸等の諸契約についての有効性の確認と名義変更(契約先)
    □ 営業許可…事業免許(管轄の諸官庁)
    □ ゴルフ会員権(所属ゴルフ場)
    □ 所有権移転登記(法務局・他)
  3. 自動車の移転登録
    □ 死亡後15日以内に陸運事務所に移転登録する
    □ 登記料を用意
    □ 申請に移転登録申請書、車検証、自賠責保険証、被相続人の除籍謄本、相続人の戸籍謄本、印鑑証明、相続同意書を持参