HOME お葬式大辞典 もしもの心得(お悔やみの言葉と手紙) 会葬者の挨拶
お葬式大辞典「もしもの心得」

もしもの心得(お悔やみの言葉と手紙)

会葬者の挨拶

香典を出すとき

(例1)形ばかりでございますが、どうぞご霊前にお供え下さい。

(例2)この度はご愁傷さまでございます。仏さまへの供養としてどうかご霊前へお供え下さい。

※ キリスト式の場合にも、ご霊前という言葉を用いますが、祭壇に供えることはしませんので、花を捧げるという意味で、「故人を偲び、御花料をお納めください。」などと言います。


通夜を退席するとき

(例1)今晩はこれで失礼させていただきます。

(例2)明日のご葬儀に参列させていただきますので、このへんで失礼させていただきます。

(例3)今晩はこれでおいとまさせていただきます。どうかお疲れになりませんように。


葬儀に出席出来ない場合の断わり

(例1)やむを得ない事情がありまして、告別式には参列できませんが、どうぞお許し下さい。

(例2)仕事の都合で告別式には失礼させていただきます。

(例3)明日の告別式には残念ですが参列できませんので、今晩伺わせていただきました。

※出席を断る場合「結婚式に出席します」など、慶事のことには触れないようにします。


電話での挨拶

(例1)知らないこととはいいながら、お悔やみが遅れまして、お許し下さい。

(例2)お葬式の日は出張中で参列することができませんでした。遅ればせながら、お悔やみを申し上げます。

※知人や友人が亡くなったことを遅れて知ったときには、すぐにお悔やみの電話を入れるか、お悔やみ状を出しておきたいものです。