HOME お葬式大辞典 葬儀の手順と喪主の役割(葬儀後に火葬を行う地域) 8.葬儀
お葬式大辞典「葬儀の手順と喪主の役割」

葬儀の手順と喪主の役割(葬儀後に火葬を行う地域)

8.葬儀

(1)葬儀の式次第

  • 開式10分前に、遺族、親戚、来賓は所定の席に着きます
  • 司会者が、葬儀開式を告げます
  • 合掌礼拝で僧侶を迎えます
  • 僧侶の読経を拝聴します
  • 司会者の案内により、弔辞を述べる人は壇上に進み弔辞を奉読します
  • 司会者より、弔電を数通奉読します
    (電文の内容を数通紹介し、以下氏名のみの場合もあります)
  • 司会者から氏名を呼ばれたら、焼香を行います
  • 司会者より一般焼香の案内を行います
  • 喪主・親族代表は焼香台近くで立礼します
  • 読経終了後、合掌礼拝して僧侶を見送ります







(2)最後のお別れ

  • 喪主、遺族、親族は祭壇前に集合します
  • 棺に生花や故人の愛用品などの副葬品を入れ、合掌します
  • 棺に蓋をします
    (終わった人から霊柩車の付近で待機します)
  • 一般会葬者は霊柩車付近で待機します